無料
エロ
動画

大人のおはら汁

電波かつアダルティな毒々ブログ

「裸の大陸チャリティプロジェクト」は世間に対する強烈な皮肉である。

安土桃山時代の昔から、ヨーロッパ人は日本人を 「清潔で文化レベルが高くお人よしである」 と評価していた。(例えばイエスズ会の人間の書簡にも残ってる)

現代になっても日本人に対する評価というのはそれほど変わらず、先日会ったフランス人ジャーナリストも日本人について 「世界一キレイ好きだと思う」 とか 「文化レベルが高くて憧れる」 といった感想を言っていた。

だがそんな現代の日本人には大きな欠点があり、それは白人と比べるとボランティア下手だったり、チャリティ企画に対して白い目を向けたり、社会貢献という概念自体をバカにしたりするという点だ。付け加えるならば何らかの支援を行った事実に対するアピールも下手糞である。(中国にいくらの金が無駄に消えて行ったことか)

今でもまだまだお人好しの素養はあるのに、それを上手に表現できない、アピールできない、認知してもらえない民族になってしまっているのだ。

なぜそうなってしまったのかと言うと、日本には日本人が納得できるボランティア団体がなかったからではなかろうか?

例えば最近になって人権派を気取った反戦団体やボランティア団体が、中国がチベットやウイグルで虐殺しまくっても見て見ぬふりをしたお陰で、多くの日本人に "特定の国の工作機関である" ということがバレてしまっている。

日本ユニセフだろうと、9条の会だろうと、チベット虐殺に声を挙げなかった連中はすべて "エセ" だと、また "中共の工作機関である" と断言する。

このようなエセ人権派の自滅のお陰で、今ではすっかり十把一絡げに 「ボランティアとかチャリティを口にする連中は詐欺師か悪人か外人だ」 と思われてしまっているのだ。


・反戦を謳うならまず抗議すべきは中国やアメリカだろう
→それをなぜ日本の戦争責任ばかりを持ち出すのか?
→金が欲しいか、世間の目をそらせたいかのどちらかだろ?


↑こんなの誰が考えたってわかる構図だ。


続きを読む »

 | HOME | 

Appendix

oharan

oharan

DTIブログにようこそ!

Monthly

Categories




エログ

フルHDエロ動画

ライブ配信のお仕事

アダルトSNSモンロー

アダルト動画が見放題

close