無料
エロ
動画

大人のおはら汁

電波かつアダルティな毒々ブログ

「裸の大陸チャリティプロジェクト」は世間に対する強烈な皮肉である。

安土桃山時代の昔から、ヨーロッパ人は日本人を 「清潔で文化レベルが高くお人よしである」 と評価していた。(例えばイエスズ会の人間の書簡にも残ってる)

現代になっても日本人に対する評価というのはそれほど変わらず、先日会ったフランス人ジャーナリストも日本人について 「世界一キレイ好きだと思う」 とか 「文化レベルが高くて憧れる」 といった感想を言っていた。

だがそんな現代の日本人には大きな欠点があり、それは白人と比べるとボランティア下手だったり、チャリティ企画に対して白い目を向けたり、社会貢献という概念自体をバカにしたりするという点だ。付け加えるならば何らかの支援を行った事実に対するアピールも下手糞である。(中国にいくらの金が無駄に消えて行ったことか)

今でもまだまだお人好しの素養はあるのに、それを上手に表現できない、アピールできない、認知してもらえない民族になってしまっているのだ。

なぜそうなってしまったのかと言うと、日本には日本人が納得できるボランティア団体がなかったからではなかろうか?

例えば最近になって人権派を気取った反戦団体やボランティア団体が、中国がチベットやウイグルで虐殺しまくっても見て見ぬふりをしたお陰で、多くの日本人に "特定の国の工作機関である" ということがバレてしまっている。

日本ユニセフだろうと、9条の会だろうと、チベット虐殺に声を挙げなかった連中はすべて "エセ" だと、また "中共の工作機関である" と断言する。

このようなエセ人権派の自滅のお陰で、今ではすっかり十把一絡げに 「ボランティアとかチャリティを口にする連中は詐欺師か悪人か外人だ」 と思われてしまっているのだ。


・反戦を謳うならまず抗議すべきは中国やアメリカだろう
→それをなぜ日本の戦争責任ばかりを持ち出すのか?
→金が欲しいか、世間の目をそらせたいかのどちらかだろ?


↑こんなの誰が考えたってわかる構図だ。


続きを読む »

「裸の大陸チャリティプロジェクト」記者会見会場が変更になりました!

※土壇場になって記者会見の会場が変更になってしまいましたのでお伝えします!


−−−−−

詳細は公式ブログをご覧ください。
http://hadakanotairiku.blogspot.com/

25日の記者会見にお越し頂くか、興味を持ってくれそうなメディアを紹介して頂けると助かります!!



−−−−−<プレスリリース>−−−−−


Press Release

報道関係者各位     2008年8月20日/有限会社ナチュラルハイ



裸の大陸チャリティプロジェクト
「エロでも救える命がある!」
アダルトビデオでボランティア活動

―チャリティ活動すら規制される表現規制の風潮にNO!―



▼記者会見詳細
出演者:佐久本純(監督)佐伯奈々(女優)小栗氏(コーディネータ)松沢呉一(司会進行)
日時:8/25 14:00〜16:00予定(プレス受付13:30から)
場所:「コンファレンス東京東京都渋谷区代々木2-10-4 新宿辻ビル3階

大きな地図で見る



▼プレス受付
主宰:有限会社ナチュラルハイ
〒151‐0061 東京都渋谷区初台2‐20‐4
TEL:03‐5333‐4442
FAX:03‐5333‐4630
mail:jun@naturalhigh.co.jp (担当ナチュラルハイ佐久本)
http://www.naturalhigh.co.jp/(メーカーオフィシャルサイト)
http://hadakanotairiku.blogspot.com/(チャリティプロジェクト公式ブログ)
※記者会見やプロジェクトについてのご質問等は、すべてナチュラルハイ宛にお願いいたします。





<裸の大陸チャリティプロジェクト>

始まりは「外国で異文化と接しながらAVを撮ったら面白そう」という思い付きでした。

しかし海外で貧困に苦しむ人々の生活に触れる内に、次第に「たかがアダルトビデオでも人助けくらいできるんじゃないか?」と考えるように。

そんな想いから今回の「チャリティAVプロジェクト」を立ち上げました。

最初に100万円を用意し、それを元手にスタッフとAV女優とが現地でボランティア活動。その映像とAVパートとを合わせた作品を発売し、売り上げをボランティア団体を通じて全額寄付します。

現地の子供達に雨風を凌げる家を建ててあげたい
今日を生き抜くための食料と水を提供したい

そんな一方的な善意だけでスタートした当プロジェクトですが、待ち構えていたのは日本を覆う表現規制の風潮で、完成した作品には子供の笑顔をすべて覆い隠す画面一杯のモザイクが……

こんな映像では「エロでも救える命がある!」という主張を充分に伝えられません。
しかしそんなイビツな作品にしなければ発売が許されません。

なぜエロ商売の人間には満足なチャリティ活動が許されないのでしょうか?

歌手がチャリティコンサートをやるのであれば、AVメーカーはチャリティAVを発表するのが当然ではないでしょうか?

我々はこのやり過ぎな表現規制の風潮に「NO!」と声を挙げるため、8月25日に記者会見を行います。



■当日のプログラム
・ナチュラルハイ佐久本(監督)よりご挨拶
・佐伯奈々(主演女優)よりご挨拶
・チャリティプロジェクトの概要説明と今後の展開について
・質疑応答
司会進行:松沢呉一
※会見後の個別取材もお受けします


−−−−−

記者会見で司会を務めて下さる松沢呉一さんが 「東村山問題についても聞かれれば答えますよ」 とかとんでもない冗談(?)をかましてくれているので、仕方ないので私もそれに乗っかります。

流石に会見後の個別取材という形になりますが、聞かれたら何でも答えますよ(笑)


«  | HOME | 

Appendix

oharan

oharan

DTIブログにようこそ!

Monthly

Categories




エログ

フルHDエロ動画

ライブ配信のお仕事

アダルトSNSモンロー

アダルト動画が見放題

close